麺レポ

海辺で見つけた至高の一杯。追い煮干し中華 - 一晃亭

LINEで送る
Pocket

食べたメニュー・価格追い煮干し中華+Aセット(700+100円)
評価 star star star star star_border

海辺の街、寺泊の人気店

海沿いの街、寺泊の通称「魚のアメ横」の並びにある「麺や 一晃亭」さんにいってきました。
昼時に通りかかると、いつも行列ができている人気のお店です。

今回は混雑を避けて午後1時半頃に入店。すんなり席につけました。

大好きなお気に入りのお店です

実はこの店、何度も来たことがある私のお気に入りのお店です!
生活圏から近いわけじゃないのですが、ことあるごとに来ちゃうのです。
近くにある絶品餃子と味噌ラーメンが美味しい「こまどり」さんといつも迷ってしまうのですがここのところ、一晃亭さんの連勝中です!

(あっ!こまどりさんも大大大好きなのですが、餃子・ラーメンともにボリューム満点なので私のお腹の具合い的に選ばれて無いだけです。私が悪いんです!
いつか必ずこまどりさんもレポートしますのでお楽しみに!)

さてさて、脱線してしまいましたが、私情は吹き飛ばして客観的にレポートを続けます!
今回注文したのは、追い煮干し中華700円のAセット(+100円)半わさびチャーシュー丼です。

一晃亭さんはセットメニューがお得&秀逸なのでセットで注文することをお勧めします。
A・B・Cセットとあるので気分とお腹の空き具合いで決めてみて下さい。

もうまちきれません!実食です!

10分程まっているとラーメンが到着します。
追い煮干し中華 Aセット
おお、かぐわしい煮干しの香り。。。
若干濁りのはいったスープの上にチャーシュー、メンマ、海苔、ネギとかいわれがこんもりと載っています。
丼のフチには柚子胡椒がささっと添えられています。(これが後々きいてくるのです!)
そしてその横に鎮座する半わさびチャーシュー丼。。。

『何でしょうこのゴールデンコンビ感』

翼くんの隣には笑顔の岬くん、浜ちゃんの隣に笑顔のスーさん、追い煮干し中華の隣にホカホカのわさびチャーシュー丼といったところでしょうか。
ちょっと言い過ぎな気もしますが、私にはテンションの上がる組み合わせなのです。
美味しそうでついついニタリと笑顔がこぼれてしまいます。
(ここまで、ラーメンが到着してから0.5秒)

さっそくスープをいただきます。
追い煮干し中華 スープ
ズズズっと、、、うま〜〜〜〜〜〜
自然な甘味のあるベーシックな醤油味と煮干しのコクがなんとも美味しいです。
あっさり目の味ですが、麺や具材の味わいを引き立たてくれる調和の取れた味です。

続いて麺をいただきます。
追い煮干し中華 麺
ズザっズザっズズズズザっと、、、うま〜〜〜〜〜〜
細目のちじれ麺がスープに絡ん気分は爽快。
個人的にはもうちょっと固めでもいいかな?いやいや全然気にならないレベルです。

チャーシューはなんと2種類!(写真がなくてすみません。)
薄く切られたロースチャーシューと角切りチャーシューです。
ロースチャーシューは中心が艶やかなピンク色でジューシーな食感です。
食べごたえのある大きさの角切りチャーシューは表面をバーナーで炙られており、香ばしい焦げ目が最高の逸品。
チャーシューでも違う味わいがあって飽きずに味わえます。
お店のこだわりを感じますね!

今度はメンマを食べてみます!(これまた写真がなくてすみません。)
15cmはありそうな長くて太めのメンマが2本!なんとも男らしいですね!
サイズが大きい為、メンマのザクザクとした食感が楽しめます。

それぞれの具材にお店の細やかな気遣いやこだわりが感じられ、麺やスープとの調和もとれている完成度の高い一杯です。
正直、これだけでも十分なのですが、丼のフチにさり気なく、でも確かな存在感を放っている柚子胡椒を忘れてはいけません。
好みの別れるところですが、柚子好きの方は是非入れてみて下さいね。
良くも悪くも味が一変してしまうので、初めから投入するのではなく、本来の味をあじわってから入れることをお勧めします。

辛くない!?わさびチャーシュー丼

おっと忘れてはならないのがこちらのわさびチャーシュー丼。(今回は半わさびチャーシュー丼です)
わさびチャーシュー丼
わさびときいて、あの独特の鼻にツーンとくる辛味を想像する方もいると思いますが、
こちらのわさびはまったく辛味がありません。(本山葵なんでしょうか?)
わさびの清廉な風味が細かく刻まれたチャーシューの脂っこい味をさわやかに中和してくれます。
スープと一緒に食べても美味しいですね!

皆様にお勧めできる、是非通ってほしいお店

そんなに美味しくない!?

私は大好きなお店でなのですが、周りの人に話すと、「そこまでは、、、」といった反応に出会うこともあります。
確かに、背脂ラーメンや、新進気鋭の変わり種ラーメンなど、インパクトのある味ではなく、
どちらかというと「普通」の味なので、もしかしたら物足りなく感じる人もいると思います。

「普通」ではあるのですが、それはどこにでもある普通の味という意味ではなく、
各所にこだわりや気遣いが感じられ、全てが高い次元でまとまった調和のとれた「普通」だと思います。
1回目より2回目、2回目より3回目とどんどん美味しく感じるお店です。

変に尖ったところがない分、皆様に美味しく感じられるお店ですので、是非食べてみてくださいね!

この麺レポを書いた人

ガタオ

新潟生まれのラーメン男子。
ボリューム・野菜の量重視。ソウルフードは杭州飯店の中華そば。